姓名判断に基づく命名・改名システム
プログラムで全ての組み合わせを計算し幸運な名前を算出する待望のシステム

姓名判断とは統計学
偶然が重なるとそこに法則がうまれる

運勢が意味すること
めぐり合いが人生を作っている

姓名判断に基づき命名する方法
人の名前を見ると、姓名判断に基づいて作った名前かどうかがわかる

姓名判断の落とし穴1
新字と旧字で全く異なる鑑定結果は新字で

姓名判断の落とし穴2
同格現象が引き起こす悪夢

姓名判断が当たらない理由
身近な人の運勢を大きく受けている

姓名判断を無視して命名する人へ
社会の中で損しないためには

改名の問題
戸籍を変える必要性

幸運な苗字ランキング
幸運な名前の組み合わせの多い順にランキング




>姓名判断に基づく命名・改名システム

姓名判断が当たらない理由

〜身近な人の運勢を大きく受ける〜

ときどき、テレビで大きく騒がれるほど成功している人とは、 いったいどんな運のいい人だろうと思い鑑定してみることがあります。 すると、以外にもそれほどよくもないことがわかります。 この段階で、姓名判断なんて当てにならないと思って姓名判断に対する思考を終了する人がいます。 それに対して、家族など身近な人を鑑定してみると、 当たっていると思うことがしきりに書かれてたりします。 性格や仕事まで当てられてることもあります。おそらく、 身近な人のことはよく知っているため当たり外れが顕著にわかるためと考えられます。 ではなぜ、大きく成功している人のことは当たっていないのでしょうか? それは、その人の公の顔しか知らないことです。 その人の生い立ち、健康問題、家庭の事情、見ている側が勝手に幸運な人だと予想して わかったつもりになっているにすぎません。唯一、仕事で成功している一場面だけをみているのです。 その人の本当の苦労は表面的にはわからないものです。 あとで、びっくりするぐらい波乱万丈の人生を歩んでいることを知ったりもします。 それでも多くの不幸と引き換えに、成功したいと思う人もいるでしょうが、そんなに苦労するなら、それほど成功しなくても平穏な人生で十分ではないかとも考えられます。

ニュースで事故や事件に巻き込まれた人の名前を鑑定してみると、やはり 危険な数字や同格現象を持っていることがわかります。 一人だけ助かったなどという人をみてみると、やはり幸運を思わせる数字が、特に総画にあります。 総画が一番重要であることを、こういった経験により知っていくのです。

姓名判断を考えずに付けられた名前はたいてい、吉も凶も持ち合わせています。 そういった場合は、何とでもいえるのです。悪いことが起これば、凶があるからだとか、 良いことがあれば吉があるからと。実際にそうであり、 姓名判断からいって、どっちも起こりうる状態であるといえるのです。 誰でもまず始めに自分の名前を鑑定するので、自分がそういう場合、 その人が姓名判断を軽視する原因になるとも考えられます。

もう一つ重要な問題があります。それは、身近な人の運勢の影響を大きく受けるというものです。 例えば、一組の夫婦がいたとします。二人とも非常に悪い運勢だったとします。 事故運も持っていたとします。それでも平和に暮らしています。なぜでしょう? それは、子供の運勢が非常に良いためです。具体的には子供の名前で地格が 5、6、11、13、15、16、24の場合です。地格は幼少期から青年期に大きく影響しますが、 地格が幸運だと、子供が幼少時代から非常に恵まれた環境で育てられることを意味します。 親に大きな事故、病気など大事なことがあっては、非常に恵まれた環境を実現できません。 そのため、子供の運によって救われているのです。つまり、自分がそれほど良い運勢でなくても、 身近に幸運な人といることで、その人から頼りにされ、必要な存在になったとき、 凶が表にでなくなるのです。運気は人から人へ伝染するものです。 幸運な人を身近に置くことが幸運への近道かもしれません。

Copyright(C)2009-2010 Mirainetserve All Right Reserved